note

【旅日記】2018.07 エアーズロックリゾートと朝日に染まるウルル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3日目は早くも移動日。

シドニーからエアーズロックまで空路で3時間。

翌朝のエアーズロックsunriseツアーまでをまとめました。

 

7/25(水)

★いつもどおりの6:00のアラームで起きる。

昨日のUBERの返金の返信が来てた!無事に返金もされてる!やっぱり早いってものすごい相手は安心するし、その安心って

評価につながるよね。

★やっぱりお風呂に入らないとさむ~い。

 

★朝ごはんは昨日の残りのパンとクリームチーズサンド。

このクリームチーズまじおいしい。

あ、パンはカッターで切ってます。カッターは職業柄いつも持ってます笑

 

 

★昨日難航した写真の同期も朝だからかWi-Fiが早くなって、無事収納完了。

 

★空港まではホテルで予約したタクシーで。55ドルで済んだ。しかも時間も15分で…。

行きのタクシーが90豪ドルで60分だったことを考えると、ほんと情弱ってお金むしり取られるなあと。

 

★カンタス航空かと思っていたのに、実はターミナルはジェットスターだった。

とは言っても、T3(カンタス国内便)からT2までなんて歩いて2分だったのでセーフ。

 

★チェックインカウンターまわりにはなーんもないから、手荷物預けたあとはあんまり期待していなかったけど、立派なフードコートが!

 

 

 

 

やっぱりカプチーノ買うならロースターが惹かれる…のでこちらでカプチーノとあざらしくん向けにフラットホワイトを。

 

フラットホワイトはスチームミルクが多めということで、あざらしくんにはこれがドンピシャだったそうで。私はもちろんカプチーノ派。

 

★妹夫婦はツアー参加なので完全ツアー時間で動いているようで、あとから現れ、搭乗口へも先に行く(笑)

 

★シドニーからエアーズロックまでは3時間のフライト。

湊かなえの小説を読み始めたものの、10ページ読んで居眠りしてまた10ページ…となぜか眠いのに眠れず、読みたいのに読めずの超ストレスフルなフライト…。。

キャンディ、ガム、チョコ、クラッカーとあらゆるものを口にしたけどだめ…。

仕方なくAmazonプライムで落としておいたドラマに切り替え。

 

 

★ふと外を見たら、ザ・砂漠!

 

 

 

★エアーズロック空港に到着。想像どおりちっさ!いいなーこういうの好き。

 

 

時差が30分だった!時差って1時間単位だと思いこんでた。

そして気温26℃…冬のエアーズロックの夜なのに。

世界的にこの夏は暑いんだなーと実感しました。

 

 

エアーズロックは、宿泊先はほぼエアーズロックリゾート内にしかなく、リゾート周遊するシャトルバスに乗れば無料で連れて行ってくれる。

今回泊まったのはデザートガーデンホテル。

 

 

コテージ風のハイグレードなお部屋!

 

とにかく広くてきれい!

本館からレストラン棟までの通路。

 

レストラン。

 

お土産屋さん。

 

敷地内。

 

 

 

★ホテルチェックイン後、おなか空きまくっているので、町中エリアまで歩く。

 

デザートガーデンホテルの隣はウィークリーマンションみたいなホテル。

 

 

 

★セイルズ イン ザ デザート ホテルのビュッフェレストランはお昼営業なし、朝と夜だけ…。。

グーグルでは通し営業になっているのに。。

このときすでに16:30。18:00のディナータイムまで待てないので、スーパーで買いこんでお部屋ごはんに。鳥の丸焼きが値引きになってたのでそれをゲット。

 

★ごはん食べたら全員のんびり気分になり、お部屋でオフタイム(笑)

私は写真のお世話とメールの返信、機内で読めなかった本をまた居眠りしながら読んでいたらいつの間にか外は真っ暗。

おなかはすかないけど、わかして冷ましたお水は冷えないし、炭酸系が欲しくてあざらしくんを起きぬけに誘ってスーパーまで星空散歩。スーパーの閉店は21:00で、あと30分あったので。

 

★レモンの炭酸ジュース、チャレンジしたけど、酸っぱめで美味しい!

アイスはワイズのいちごシャーベット!

 

何気なく撮ったこの写真があまりにおいしそうで妹夫婦が私達の部屋につられてやってくる…(笑)

明日に備えて22:30頃就寝。

 

 

 

7/26(木)

★エアーズロックサンライズツアーに合わせて、5:00起きでお風呂に入る。

いざ6:00にロビーに集合するも、誰もいない…

カウンターの時計は5:30…?エアーズロックはシドニーより30分早いんだった!!

まあ早いぶんにはいいかということで…。私は旅日記を書くためにいったん部屋に戻る。

旅日記書いて、おトイレ済ませて、と地味にこの30分がありがたかった笑

 

★日本人のみで、日本人ガイドさんのツアー。

アボリジニのアナング族の話やウルルにまつわる伝説とかをたっぷり聞かせてくれて楽しかった!

ちなみにウルルというのはアナング族の呼び名で、英語名がエアーズロックになります。

エアーは「Air」ではなくて「Ayer」なので、エイヤーズロックという発音のほうが英語の名前に近いです。

まずはウルルの日の出鑑賞へ。

インスタントの温かいドリンクをセルフで作って、各自展望台へ。

 

日の出と言っても日が上がるのを直接見るのではなくて、日が照らされたウルルの姿を見るのがメイン。

最初はこんな感じでした。

 

どこから撮るのがいいのか、展望台を歩き回る。

 

私はウロウロして寒くないので母にストールを渡す。

お留守番に派手な色はいいね笑

 

 

展望台からの写真はあざらしくんに任せ、ベストスポットを求めて散策路へ。

 

日の出ターイム!

 

赤くなった!

 

 

 

空もすっかり明るくなって。

 

 

 

ちなみに展望台からはこんな感じだったようです。

確かに展望台!笑

 

 

さあ、続いていよいよウルル登山です!

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
・LINE@
@ohisamayoko
☆────────────────────

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note