note

【旅日記】2018.05 仙台 晴れの日は船に乗って島へ行こう!桂島冒険記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台2日目は、これまたマイナー観光地で羽を伸ばしてきました!

 

▶5/26(土)

インスタライブ終了後、すぐに出発。

今回の目的地は、グーグルマップを引いて見たときに見つけた桂島。

海が見られればそれでいいや的なのんきな決定。(探すのに時間かかったけど)

 

仙台駅周辺での朝ごはんはパスしてそのまま仙石線で本塩釜駅に。

駅前のイオンのショッピングモールは9:00OPENだったけど、ザ・ビッグという食料品コーナーは8:00OPENだったので、そこで朝ごはん調達。

 

マリンゲート塩釜。

建物の中には立派な旗が!

塩釜の観光マップ。

出発までまだ30分くらいあったけど、船も停泊していたのでさっさと乗る。

松島行きは結構本数ありました!

調達したのは塩おむすび。塩釜だけに…なんちて

塩釜港から桂島までは約20分の船旅。最初は気持ちよかったけどさすがに後半は寒い(笑)

 

無事桂島に到着。

こんなにかわいい船だったのか!後ろから乗ってたから気づかなかった。

一緒に学生の集団が乗っていたのだけど、港に迎えに来ていた宿の方々とともにサッサと消え、ちょっとウロウロしていただけで港には私一人に。

地図。しかし道路標識らしきものはなにもない。

 

まずは学生たちの集団が歩いていった方に行ってみる。

海の水がきれい!

ホタテの貝殻もたくさんありました。

しかし、行き止まりになってしまったので、港に引き返し、今度はお米やさんのある方向へ。

お米やさんの母屋。建物はないけど屋根はある…もしかして建物って地震の被害にあったのかな…。

なんだかよくわからないまま、ひたすら島の中を歩く。

海水浴場はまだ開いていないせいか、島ではほとんど人とすれ違うことはなく…(笑)

どこに行ってもどこまでもひとりぼっちでした。

 

ちなみにあのベンチからはこんな綺麗な海が見えます!

菜の花畑は菜の花が咲いていないと何がなんだかわからない。

鬼が浜という看板を見つける…が若干いかつい…(笑)

けど、獣道を下まで降りたらきれいな海水浴場!!

雰囲気出てる流木もあったりして。これはデートに最適だ。

ここで一休み。もちろん靴下も脱ぐ。

そしてさらに歩く。

誰もいないので、山道は蜘蛛の巣によくひっかかった。

雨乞いのお祈りをしていたという岩があるらしい。

行ってみよう。奥へ奥へと入る。

ついた。

ん?これは切り株?

こっちだ!

他の岩と何が違うんだろうか。

 

立て看板に「港」の文字が出てきたので、延々と階段を降りてみると、

途中に神社があって、

郵便局に出た。

港は港だが、最初と全然違う…。。

この時点で、本来乗ろうとしていた船の出発時間。うーむ。間に合わず。島内ぐるっと歩いて1時間と看板に出ていたから油断してた。

 

結局別ルートではあるが、桂島海水浴場まで戻ってきた。

シーズンに向けて工事中。

フサフサの木。

 

ようやく最初の港に戻る。次の便は80分後。待合室のベンチにゴロッと横になってぐーすか寝て待つ。

別に誰も呼びに来てくれないので、これも乗り過ごさなくてよかった(笑)

とってもキレイな景色を心ゆくまで堪能できた島でした(^^♪

 

★塩釜港に戻り、マリンゲート塩釜でぎばさをゲット。

これごはんにかけて食べるとおいしいのです。冷凍保存も可能だし、冷蔵でも1週間もつそうです。

 

★ランチは駅前でお寿司に。せっかく塩釜に来たんだし、回らないお寿司屋さんに行ってみたい。

時間がずれたせいか、地域ナンバーワンのすし哲でも並ばずに入れた。

お寿司…美味しいけど海鮮丼をよく食べる私としてはちょっと少なくてお高い…。

仙台駅に戻ったらなにか食べればいいか。

 

★そのまま駅周りを散策。

八百屋さん?

味噌屋さん。

お茶屋さん。

あざらしくんにはのりをお土産に。

酒屋さん。

生どら焼の発祥榮太楼の塩釜本店。

ジェラート屋さんのフルーツラボラトリー

チョコレート屋さんのクレオバンテールなどスイーツ系が充実していました。

私には微妙だけど、いずれも食べログ評価高いです!

松島の帰りには塩釜&時間があれば桂島へ!

 

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
・LINE@
@ohisamayoko
☆────────────────────

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note