note

【雑感】誕生日はいつ死んでもいい準備をする日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の10年プロジェクトのお誕生日イベントでのお題は「みなさんは自分の誕生日には何をしていますか?」という質問。

 

特別な日という解釈はみんな一緒なのだけど、概ねポジティブ(自分へのご褒美系かおいしいもの食べる系か)。

そんな中、私は死ぬ準備をするという回答(笑)

いつごろからかは覚えていないのだけど、お誕生日はお祝いする日という概念はあまりないんです。

だって別に何か達成したわけでもないし。

もちろん、自分が生まれた特別な日という認識そのものはありますが、特に努力をしたわけでもないその日を迎えたからと言って正直感慨なんて無く…。

そういえば数年前の誕生日当日も普通に朝っぱらからワークショップやってました(笑)

そんなわけで、私は自分の誕生日は、ひとつ大事なことをやるきっかけにしようというスタンス。

もう1年経ったかーと実感しやすいから、1年に1回はやっておきたいことをやる日。

具体的にはエンディングノートを書いて、いつ死んでもいいように準備をする日です。

 

 

一番最初に書いたのはもう覚えていないのだけど、10年以上前かも。

自分はいつ死んでもいいけど、残された人のこと考えたらちゃんと準備しないと死ねないなーと思ったのがきっかけです。

医療系の本とか漫画とか結構読むからからか、死ぬときはあっけないイメージが強くて。

日頃の感謝をしっかり伝えきれているかというとそういうわけでもないことだってあるし、しかもそれは受け取る側が判断するもの。

どんな理由で自分が死んじゃうかもわからなくて、最悪誰かが私の死を自分のせいだと感じてしまうような死に方をするかもしれない。

それが身近な人だったら、普段から伝えている思いも事実上パーですよね。

だから、ちゃんと普段の思いは、いつでも何度でもリピートできるような形で残しておきたいんです。

そんなわけで、お誕生日にお祝いする気は一ミリもないので、原則私の誕生日は非公開だったりします。

お誕生日にお祝いしない代わりに、日頃の小さな達成をしっかりお祝いします。

まあ、こんな記事を書いてる時点で、先日そうだったんだなーってことで(笑)

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
・LINE@
@ohisamayoko
☆────────────────────

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note