note

【旅日記】2017.03 バルセロナ あざらしくんの子供の頃からの夢を叶えに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のバルセロナ旅行のメインイベントはスペインリーグのサッカー観戦。

▶3/19(日)

★昨日22:00に寝たのでまたも早い時間に起きる。2:30。

★ホテルのWi-Fiを克服したので、旅日記や写真の整理、今週来週のプランニング系。いつもの朝活タイムやってたらほんとに朝になっておなかがすいたので一旦終了。

パスポートの仮となる渡航許可証の発行に戸籍謄本が必要だと言われたので実家の家族に連絡したら、住所が別なので土日祝は対応できないんだとか。じゃあ戸籍なしで領事館に行くかー。

★あざらしくんがようやく起きてきて彼の希望で朝イチでサグラダファミリアへ。
近くの公園からの鏡張りのサグラダファミリアもしっかり見ました(^^♪

 

★9:00の時点で当日券は午後のからしか買えないとのこと。
あざらしくんがっかりしながらも諦めていたので、午後からでもいいよ?と言ってみたら、やっぱり行きたいとのこと。
再度チケットを買いに行った…。スタバで待ち。

★これまたあざらしくんの希望でスペイン人の朝ごはんを体験してみたいとのことで、チュロス&チョコラテ。いずれも私には無理…。正直あまりチョコレートの味がしなかったのだが。
チュロスはオーダー後揚げてくれたみたいでアツアツでした(^^♪

    

★朝のガウディ通り。ここ通ってサンパウ病院行ったな〜懐かしい。出店も準備中でした。

★午前中はゴシック地区へ。以前来たときここで市内観光の待ち合わせしたのを思い出す。

★カテドラルに入ってみる。

★謎の壁画。こんなの私にも描けるよって前回も言った気がする。ピカソらしいが。

★そのまま海方面へ。バルセロネータのレストラン街どこも似たような感じなので、一番感じ良さそうなお店でパエリア。

ベジタブルとシーフードと味がかぶるかなと思ったけど意外とかぶらず。

せっかくなのでタパスも。ホタルイカ(?)が結構気に入ったので唐揚げとスペイン風オムレツトルティージャ。ほぼおいものお味(笑)

★あざらしくんと野球の話をしていたら彼が盛り上がりすぎてサグラダファミリア遅刻。
(この旅はなるべくあざらしくん仕切りにしているので、あまり口出していないんです)
どこの国に行っても集合時間のきっちり3分前に行ける私はやっぱり時間管理の先生だわ(笑)

★サグラダファミリア内部。14:30に起きたので壁面沿いのベンチで昼寝。14:00に全員追い出されて総入れ替え。

★いったんホテルに戻って旅日記と少し休憩。

★ふたりともほぼ手ぶらになっていざFCバルセロナのホームスタジアムカンプノウへ。

★やっぱりゲームシャツを買いたそうなのでOK出す。ただし選手の名前入ってないやつね。入ってないのが約1万、名前入ると2万。さすがの商売上手。

ショップひとつとってもこっちのスポーツビジネスはほんとに上手い。そりゃ欲しくなるわ。

★あざらしくん大盛り上がり。オープンして真っ先に駆け出していく。。

★この写真ブースには興味ないらしい。

★客席に入ってさらにボルテージアップ(笑)

★ちなみに試合観戦のチケットももう呆れるくらい足元見られてます。
対戦カードや座席によって値段が大きく変わります。
ちなみに私たちが今回見た「FCバルセロナvsバレンシア」は好カードのためお高いうえに、ど真ん中の線が私とあざらしくんの間にあるくらいのど真ん中の前の席。びっくりするお値段…。

★選手が出てきてアップ開始。なんか丸くなってやってるのが部活みたい。
審判も仲良く三人で腰をほぐしてます(笑)

 

★20:45キックオフ!
ヨーロッパのトップチームの選手って速いってよく聞くけど、要は動きに無駄がないってことなのね。つっかかりがなくスムーズで、軽やかで。

★国民的大スターのメッシ選手がどういう理由で愛されているのかをあざらしくんの解説で理解しました。
確かに試合全体が見える位置で見てるとわかる…ふわっといつの間にかそこにいるんだよね…「走る距離は実はそんなに多くない」って言われているのがなんとなくわかりました。

★得点の瞬間は全員総立ち!9割以上がバルセロナファンというのがよくわかる(笑)

★10万人が一気に帰ったら地下鉄はどうなるんだろうと思ったけど、バスがものすごい台数…地元の人たちだけじゃないんだね。
あざらしくんを中心に回した1日が終了。

 

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
☆────────────────────

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note