note

【旅日記番外編】LCCチケットのとり方7つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LCC利用歴三ヶ月ですが(笑)、現段階で得たノウハウをまとめます!

▶利用歴
ピーチ、エアアジア、スクート、タイガーエア、ジェットスター、香港エクスプレス

 

▶コツ① セール情報を日々チェックする

実はLCCのセール情報はとってもたくさん出ています。

予約を取る以前に、最寄りの空港からどんな路線が出ているのか、セール時の相場はいくらくらいなのか、だいたいの情報収集をしておきます。

メルマガの登録もおすすめです。

この段階で、情報の入口をつくっておきます。よほど急いでいない限りは、この段階でお手つきしないほうが良いと思います。

 

▶コツ② タイミングを見計らって買う

セール案内は当然ながら最安値の案内になるので、時間があるときは、金曜の夜出発や日曜夜戻りなどご自身が実際取れそうな便のお値段もチェックしておくと良いかと思います。

そして、タイミングが良ければ、ぜひ買ってみてください。

イマイチ決断できなくても、焦る必要はありません。

セールは1回のがしてもまたすぐ次がありますし、片道だけセール価格の場合は、もう一方が実は高めに設定されていることがあるのです。

私も実は1回セール前にフライングで購入してしまったのですが、下記のように、トータルではほとんど変わっていませんでした。

通常価格:往路:5,680円、復路:5,680円
セール価格:往路:4,690円、復路:6,580円

 

▶コツ③

旅行初心者は預け入れ手荷物付きで買う

そもそもの旅行経験が少ない人は荷物を厳選するのも難しいものです。

また、そんなにおみやげを買う気がなくても、初めて見るものが多いとついつい買い込んでしまうと思います。

私は今でこそはじめて行く国でも多少冷静になれますが、やっぱり旅の出逢いは一期一会。

個人的には機内持ち込み制限の7kgなんてあっという間なので、手荷物付きチケットをおすすめします。

 

▶コツ④ 座席指定オプションはケチらない

ほとんどのLCCでは、座席指定は有料です。

ですが、ここはケチってはいけない!私は体が大きいので、通路側にせよ窓側にせよ、端っこがマストです。

深夜便で台北やソウルなど2〜3時間のときは窓側、それ以外の路線は通路側をセレクトします。

座席は可能であれば後ろの方。前からうまっていくので、運が良ければ隣に人がきません。

ちなみに一番前の座席は、前がないので広々していますが、iPadやスマートフォンなどの小物が前の座席のポケットに収納しづらいので私は好きではありません。

 

▶コツ⑤ 座席指定以外の有料オプションは不要

預け入れ手荷物と座席指定以外の有料オプションはおすすめしません。

例えば機内食。

LCCの場合、深夜もしくは早朝便が多く、機内食を食べるよりも寝ていたい。起こされたくない。

万一お腹空いても、ガツガツ食べていない限り、持ち込み物の飲食を咎められたことはありません。

ちなみに、オプションを選ぶページでは気を抜かないこと!

LCCによってはデフォルトであれこれつけられていたり、選んでいないのにいつの間にか選んだことになっているものも。

自分のオーダー金額はきちんと手元にメモしておき、逐一金額が変わっていないかチェックするべきです。

 

▶コツ⑥ 個別に、片道ずつ取る

例えば3人で行くときは合計6枚とらなきゃいけないので、面倒くさいのですが、ひと手間かけて日本出発の往復料金(通貨は日本円)と片道ずつ(出国地の通貨)で料金を調べてみてください。

多くの場合、片道ずつばらしたほうがお得です。
(日本出発は高い様子)

また、個別に片道ずつ取れば、万一日程変更や行けなくなってしまった人が出た場合、手続きの手間や手数料などを最小限に抑えられます。

なお、座席を近くにしたいときは、コツ④のとおり座席指定すればOKです。

私の場合、ひとりでは行けない母とふたりのときは、まとめて取りますが、あざらしくんとのときは、ばらして取ります。

 

▶コツ⑦ 最寄り空港発着便以外にも探す(特に羽田・成田利用の方)

お住まいの場所と交通事情によりますが、旅行先や日時が決まって、もうあとは取るだけというほど明確になってからでいいので、もし時間があったら、最寄り空港以外の発着便を調べてもおもしろいかもしれません。

私は羽田空港まで30分の距離に住んでいるので、国際線の飛行機は羽田か成田からしか乗ったことがないのですが、2018年末のシンガポールへは関空-シンガポールの直行便に乗りました。

もともと台北経由便に乗るつもりだったので、だったらトランジットが新大阪-関空でもいいじゃないかと。

しかも、成田-台北-シンガポールが80,000円なのに対し、関空-シンガポールが60,000円。新幹線代足してもこっちのほうが安いし早く着く旅程でした。

 

ぜひ、LCCで気軽で格安な旅を!

 

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
・LINE@(2018クリスマスよりリニューアル!)
@ohisamayoko_a
☆────────────────────

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note