note

【雑感】「専業主婦」使用禁止のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ズバリ言います。

自分のこと(環境)を「専業主婦」と言わない方がいいと私は思います。

もちろん他人に説明するワードとしては非常に便利だから、適当に済ませる(笑)場合はそれでいいのですが、

自分のことを語るときに「専業主婦」という言葉は使わないほうがいい。自分のために。

講座では、受講生にいろいろなことを根掘り葉掘り聞きます。

みなさんいろいろな言葉で説明してくださるのだけど、その中で「専業主婦」に関しては良い文脈で使われているのを聞いたことがないんです。

一番あるあるなのが「私は専業主婦なのでこれと言って縛りがないから(ダラダラしちゃう)…」という話。

だから、専業主婦でもダラダラしない方法を学びに来られるのですが、だったら専業主婦を辞めるのが一番手っ取り早く効果が出ます(笑)

 

専業主婦であることと縛りがあることは別の話です。

会社の始業時刻と自分の決めたお掃除スタート時間は違って感じるのかもしれませんが、それって違うと定義しているから違って感じるだけです。

自分で決めた時間という決め事がそんなにゆるくて、そんなに他人に縛られたいなら、パートにでも出ればいいんじゃないですか。

もちろんいろいろな事情でパートも難しい人もいらっしゃるでしょう。

じゃあ、その「いろいろな事情」で縛ってみたらいかがでしょうか。

毎朝決めた時間にご飯を食べるという事情。
帰りの電車の時間を決めたという事情。

そういう自分なりに「決めた」事情を、専業主婦という環境の事情よりも優先させるという「事情」がある…(笑)

ここまで書けばわかりますよね。

専業主婦だから」という「事情」は、自分を厳しくするのにも使えるし、甘やかすのにも使えるのです。

まあ、これは専業主婦にかぎらず、「子供がいるから」とか「私はバカだから」とかも同じことが言えます。

ただ、当社比では言い訳率ナンバーワンが「専業主婦」なんですよね。

どうせ使うなら、「専業主婦」というワードを「プロの主婦」という意味で使うべきです。

 

 

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
☆────────────────────

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note