note

【雑感】おいしいものを食べるよりも大事なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のこと。

それなりに楽しみにしていた、あざらしくんとおいしいものを食べに行くことよりも、アウトプットタイムをとった。

なかなか行けるチャンスがないところだっただけに、あとからその時の選択を振り返ると、正直自分でもびっくりした。

私のプランニングだから、無駄はないし、移動時間にはKindleを読む。

そういう意味では元のプランニングどおりにいかせることに何の問題もない。

だけど、その日は私は計画はやめにして、あざらしくんひとりで行ってもらった。

もともと彼がひとりで行くところだったのを、私が行きたい!とついていくことにしたプランニングだったので、彼に迷惑はかけていない。

アウトプットが進んでいないから、その時間を取りたいと思った。

 

今感じたことを文章にすること。

この文章化をひとつしなかったところで何かが変わるわけじゃないし、したところでもやっぱり何かが変わるわけじゃない。

だけど、この感じたことひとつひとつを滞りなく流す身体と脳を維持していることは、結果的に、今の私を作っている。

人の気持ちとかアイディアというのものは、目に見えないだけにとても繊細だと思う。

ふとその端緒が顔を出した瞬間にぱっとつかむことを繰り返していないと、いつの間にかそれはどこかにまた消えてしまう。

それが消えた結果、自分が何をしたいのか、大好きなことが何か、わからなくなる。

美味しいものを食べに行くのも楽しい。おいしい。

けれど、そこに行くのも、前後のプランニングを整えるのも、それなりに時間もかかるし、そのぶんできないことも増える。

「おいしい」ただそれだけのために、どれだけの時間を使えるのかというのは、考えなきゃいけない対象だと思う。

おいしいものを食べに行くよりも、お楽しみの時間よりも、私はアウトプットを取ってきたから今があると思う。

 

 

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
・LINE@
@ohisamayoko
☆────────────────────

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note