note

【雑感】思考停止ワードであふれる世の中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中は便利な言葉であふれている。

ここ1年くらい、流行りなの?と思うくらいみんな定番で言うのを3つにまとめてみました。
(ちなみに私は流行り言葉も思考停止ワードも嫌いなので、原則使いません)

1.モヤモヤする

「モヤモヤするんです」って、要は戸惑っているということなんだろうけど、そんなの行動に現れていないことを見ていればわかります。

じゃあなんで戸惑っているか、何に戸惑っているかというのが問題なのに、「モヤモヤ」が出てきた瞬間、そこで話は常に終わる。

思考停止ワードの典型です。

 

2.「気になる〜」

語尾が伸びるのもこの言葉の停止ぶりを思わせます。

気になるって何?するのしないの?

価値ある情報が提供されたことに対する相槌みたいなものなのでしょうか。

「うわいいなー行きたい!」というほどでもない感謝を伝えるワードとしてとても便利なのでしょう。

まあ確かに、ドヤ顔で提供している情報に「ふーん」で返すのは悲しいですからね。

 

3.「自分のペースでがんばります」

これ、塾講師時代にものすごく聞いていたのですが、自分のペースで頑張る人はまず志望校には合格しません。

当たり前ですよね、合格の基準は大学が決めることなので。

もちろん、基準に達するまでの「ペース」は早くても遅くてもどっちでもいいのですが、現実的には遅いと間に合いません。

原則的には高3の2月と締切が決まっていて、大半の高校生は現状の実力から考えるとかなり厳しい納期設定なので。

そして、「自分のペース」が意味するレベルは、たいてい求められているものより遅い。よって、間に合った例を見たことがないのです。

これとまったく同じことがおとなバージョンでも起きています。

ただ、おとなは、子供ほど期限を切られていません。

「やり直しはいつからでも遅くない!」みたいな耳障りのよい言葉までまかり通っているくらいです。

子供には「今すぐやらないと手遅れ」とか「高校時代にしかできないことを」なんて煽っているのが普通なのに。

 

 

いかがでしょうか。

全部使っている方は、思考停止度100%!

いますぐアウトプットドリルを買って、自分の言葉を取り戻しましょう(笑)

 

 

毎日更新しています!
★────────────────────
・パーソナルサイト
http://ohisamayoko.com
・instagram
http://instagram.com/ohisamayoko_project
・note
https://note.mu/ohisamayoko
・LINE@
@ohisamayoko
☆────────────────────

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

note